節約筋トレ愛好家日記

筋トレと節約好きな40代の働くお母さんです。筋トレ、加圧トレーニング、節約、ふるさと納税、株主優待、JALマイルなど書いています。

私のような不器用さんでもできる赤しそジュース

節約筋トレ愛好家、kintore40です。

 

さて、諸事情でここ1週間ほど冷蔵庫をからっぽにしていたので

買い出しに行きました。

いつもの「ファームドゥ」です。

 

すると、おつとめ品で、「赤しそ」がたっぷりとはいった袋が100円!!

しかも、洗浄なし、くきは取ってあるという商品です。

 

f:id:kintore40:20170811174621j:plain

 

これで約300グラムです。

これは「赤しそジュースを作れ」という天の声かなと思い、作ることにしました。

 

赤しそジュース 目次

 

 

赤しそジュース 効能

赤しそジュースは、効能として

 

・疲れがとれる

・ダイエット

・お肌がきれいになる

・アレルギー、花粉症に効果がある

 

そうですが、私自身は、

出産後の授乳中、赤しそジュースをせっせと飲んでいたら、

母乳がよくなったのか、子供の湿疹と汗疹がよくなったという

エピソードがあります。

 

赤しそジュース材料

材料は

・赤しそ一袋(太いくきは取る)

・食酢(今回はトップバリュの有機米酢)400ml

(なお、食酢のほか、クエン酸、レモン汁で作る方法もあります。

うちの実家はクエン酸で作っています。)

・砂糖(今回は粗糖)400グラム

 

作成費用700円から800円というところですかね。

 

 

赤しそジュースレシピ

作り方は

1 赤しそ一袋を1.5~2リットルの水で15分~20分茹でる

2 濾して、食酢と砂糖を一気に混ぜて少し煮詰める

3 出来上がり

 

下のレシピだと、食酢500ml、砂糖500mlですね。

でも、それだと、かなり甘いと思うのです。

なお、私は実家の母より

「大体こういうものは、分量を1対1でやると失敗が少ない」

と教わったので、毎回適当に分量1対1で作っています。

というか、手っ取り早く、砂糖の袋のグラムで作っているので

今回は400グラムです。

 

f:id:kintore40:20170811192412j:plain

 

これが350グラムだったら、お酢は350CCにします(笑)

練り味噌も、ジャムも、毎回こういう感じで適当です。

f:id:kintore40:20170811174832j:plain

 

 

完成品

さて、出来上がったものがこちらです。

 

f:id:kintore40:20170811175319j:plain

 

結構、煮詰めたので濃い色です。

煮詰め方によって、作成本数の調整が可能です。

このままでは濃厚なので、水、炭酸水、豆乳などで割っていただきます。

それほどお酢!という味はしません。

 

日本管財とTOKAI株主優待の水の空きペットボトルに詰めました。

空きペットボトルは、事前に中を食酢や焼酎などを入れて、軽く振って消毒すれば

保存容器として利用可能です。

 

食酢が入っているので、冷蔵庫で結構日持ちしますが、

途中で発酵することもあります。

冷凍庫で凍らせて、赤しそが取れない時期にいただくことができます。

 

私は、コーラなどの一部の清涼飲料水をいただくと、

汗をかいた際に肌がちくちくして痒くなるため、余り飲まないのですが

(時々ついつい飲んでしまって後で大後悔する)

この赤しそジュースならば、そのようなこともなくて大丈夫です。

 

簡単なのに疲れがとれて、作成コストも安く、身体にも良い一品なので、

是非、作ってみてください。

私は、もう少し作って、冷凍保存します。

 

なお、残ったしそは「ゆかり」にリメイクできるようなのですが、

まだまだ研究中です(^^;;